販売知識

【売れる場所】ゴールデンラインとは【売上の8割ある/陳列方法も紹介】

スーパーやコンビニなど小売店で働いていると「ゴールデンライン、ゴールデンゾーン」という言葉を聞くのではないでしょうか?

私もスーパーで働き始めた頃に、「ゴールデンラインに陳列しておいて」と上司に言われたことがあります。

【悩み】

  • ゴールデンライン、ゴールデンゾーンってなに?意味と使い方を知りたい。
  • ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)には、どんな商品をどうやって陳列すればいいの?

この記事は、上記のような悩みを解決できるよように書きました。ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)とは何か説明していきます。具体例として陳列パターンも2つあるので参考にしてください。

ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)」を使って、売りたい商品を売り込み、販売数を上げる方法がわかるので、業務に活かしてください!

スーパーの加工食品売り場で2年働いている社員が「ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)」について書きました。

ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)とは

ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)とは、陳列棚の中で商品を最も見やすく、手に取りやすい高さのことです。

ゴールデンラインの高さは、110〜140cmとされています。というのも人間にとって目の高さから20度下がった胸のあたりが1番見やすい高さになるからです。

身長によってゴールデンラインは変わるので、商品を買う人が男性か女性か、子供か大人かをイメージしながら陳列することが必要です。

また棚の中で売上の8割はゴールデンラインに集中しますので、売筋商品、重点商品、新商品(旬)、広告の品を陳列することで、売上効果も高くなります。

スーパーの売り場で使える陳列8選【工夫は必要/売り場担当者向け】 この記事では、スーパーマーケットで使える陳列方法を8パターン紹介していきます。スーパーでは売上を上げるために、様々な工夫を意図して行う...

ゴールデンラインと売場什器

「ゴールデンライン」は、売場什器の種類によって場所が変わります。

「ゴールデンライン」の場所の違いを売り場で使われることの多い什器4種類で見ていきます。

小売業でよく使われる什器4種類

  • 垂直型ゴンドラ
  • 張り出し型ゴンドラ
  • L型什器
  • 冷蔵ケース

垂直型ゴンドラの場合、「ゴールデンライン」は目線の高さのみです。それに対して張り出し型ゴンドラの場合、ゴールデンラインの位置は変わりませんが、販売力が大きくなります。

(一般的に、張り出し型ゴンドラの方が商品が売れやすいです。)

 

冷蔵ケースの場合、下段のみゴールデンラインです。それに対して、L型ゴンドラは、目線の高さに加え、最下段もゴールデンラインです。

 

このように、ゴンドラ什器の種類によってゴールデンラインが変わるので、売り場作りでは注意が必要です。

什器とゴールデンラインの位置(まとめ)

  1. 垂直型ゴンドラ…目線の高さのみ(基準となる什器)
  2. 張り出し型ゴンドラ…垂直型ゴンドラと位置は同じだが、販売力が大きい
  3. 冷蔵ケース…下段のみ
  4. L型ゴンドラ…目線の高さ+下段

ゴールデンラインは視認率を上げる

なぜゴールデンライン(ゴールデンゾーン)が大切かというと、売り場にある商品の視認率を上げて販売数を増やすためです。

一般的にお客様が商品を買う流れは、「①見る→②知る→③買う」です。まずは商品を見てもらわないことには、買ってもらう事はできません。つまり、販売数を上げるには、商品を見てもらうことが大前提で必要になります。このお客様が商品を見る頻度を視認率といいます。

あなたが売り場でこれを売りたい!と思ったら、視認率を上げる売り場作りをしていきましょう。

ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)販売数アップのヒントになるかもしれません。

【購買意欲UP】売り場におけるPOPの役割【重要:4パターンの情報提供】 この記事では、売り場にあるPOPの役割を4パターン別に紹介します。魅力ある売り場にするための「POPの使い方」がわかる記事にしました。...

ゴールデンラインを使った商品陳列

ここでは、ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)を使った商品陳列の例を2パターン紹介します。

スーパーの売り場に多くある、6段のゴンドラ什器の場合、ゴールデンラインは上から3段目、4段目になります。

6段什器の例:棚の3〜4段目がゴールデンライン

6段什器の場合、よく使う陳列方法は2パターンあります。

ゴールデンラインの陳列方法の例

  1. 棚を上3段、下3段に分けて陳列
  2. 広告の品を棚1段に陳列

陳列①棚を上3段、下3段に分けて陳列する

陳列の基本的なパターンです。上下両方のカテゴリーでゴールデンライン(ゴールデンゾーン)が使えますので、効率よく販売することができます。

上下2つに分けて陳列する例

陳列②広告の品を棚1段に入れて陳列する

①の陳列パターンの状態で、さらに広告の品を入れ込まないといけない場合に使える陳列です。上から3段目に広告の品を陳列します。

上から3段目は、ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)なので、広告の品は目立ちますし、ほかの商品も見づらくなることはありません。

広告の品を差し込む例

これらの陳列方法は売り場のエンドなどでもゴールデンライン(ゴールデンゾーン)を活用できるので、ぜひ試してみてください。

【現役社員が解説】スーパーのエンド売り場の役割と重要性!売上の2割を決めるのはエンド この記事では、スーパーマーケットにおけるエンドの役割と作り方の鉄則を紹介します。 この記事でわかること スーパーのエンド...

ゴールデンラインは通路幅で変わる

通路幅を広くとることでゴールデンライン(ゴールデンゾーン)が広がります。なぜなら、お客様と棚との距離に余裕ができ、自然に目に入る商品が増えるからです。

なので、売り場に邪魔な台車がないか、通路幅が確保されているかを確認することも重要です。

目線の動きを利用した陳列

ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)をさらに活用するためには、お客様の目線の動きに注意することも必要です。

人の目線の動きには「物を見るときにZの字で目線を動かす」という特徴があります。数学の問題を解くときやブログを読むときもZの順で読んでますよね。

なので、売筋の商品は棚の端に陳列して、お客様が最初に目にするようにするなど、ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)の陳列をさらに工夫できます。

ゴールデンラインとは(まとめ)

小売店で働くなら、ゴールデンライン(ゴールデンゾーン)は必ずと言っていいほど使います。ゴールデンラインは、商品の販売数を上げるために活用できます。

陳列方法のパターンも紹介しましたので、ぜひ明日から試してみてください。

【売上対策の切り口】売上構成比とは【3つの視点を説明/具体例あり】 「売上構成比とはなに?簡単に意味や計算方法を知りたい。」「お店の売上を上げたいけど、なにをしたらいいかわからない。」 この記...
関連記事