販売知識

市場浸透価格戦略とは【基本を事例で解説/マーケティング、小売店担当者向け】

「市場浸透価格(戦略)」とはなにか、解説してほしい…。

マーケティング用語で新商品の価格戦略に「市場浸透価格(戦略)」という戦略があります。私の場合、マーケティング検定を勉強しているときに学びました。

【悩み】

市場浸透価格とは、どんな意味?基本的な知識やメリットなど簡単に知りたいな…。

この記事では、マーケティング用語である「市場浸透価格(戦略)」とはなにか、基本的な知識をわかりやすく紹介します。

上記の悩みを解決できるように書きましたので、参考になれば幸いです。

マーケティング検定の勉強をしている方や、小売店で働いている人向けに書いていきます。

市場浸透価格とは

市場浸透価格とは、新製品の導入期に低価格を設定し、短期間にシェア拡大を目指す価格設定戦略のことです。市場浸透戦略やペネトレーションプライスとも言われています。

低価格でシェアを拡大させることができれば、コスト面で他企業よりも優位性を発揮できるので、長期的に利益を確保することができます

また規模の生産性経験効果を活かせるので大手企業が取りやすい価格戦略の1つです。

市場浸透価格戦略に対して、新製品の導入期に高価格を設定することを上澄み吸収価格戦略といいます。

市場浸透価格を取り入れる条件

市場浸透価格(戦略)を採用するためには、以下の条件を満たすことが必要です。

  1. 標的市場が低価格に反応しやすいこと。
  2. 大量生産によってコスト優位性を発揮できるとき。

市場浸透価格では、顧客が低価格に反応してくれることが必要です。価格弾性力が高い商品とも言えます。

せっかく低価格に設定しても、顧客が反応して購入してくれなければ、シェアを拡大することはできません。

また大量生産によってコスト優位性を発揮できることも重要です。

シェアを拡大した後に大量生産をし、コスト優位性を発揮できれば、競合が参入しにくくなるので、長期的な利益を見込むことができます。

市場浸透価格の例

市場浸透価格(戦略)が採用されやすい商品の例に、菓子や飲料の新商品があります。お試し価格として打ち出し、顧客に購入してもらうことでリピーターを増やして長期的な販売を目指します。

例えば、スーパーの場合、新商品のスナック菓子を初回納品分は98円で主通路で販売し、2回目以降の納品分は110円に値上げして中通路で販売することがあります。

このように、市場浸透価格戦略では、導入期で低価格を設定することで多くの顧客に知ってもらうことを目的とします。

市場浸透価格(まとめ)

市場浸透価格とは、新商品の価格戦略の1つです。価格設定はマーケティングの中でも売上を作る上で重要です。

またマーケティング検定では、市場浸透価格戦略は覚えておきたい知識なので参考になれば幸いです。

マーケティング検定3級に3週間で合格!【勉強時間、テキスト、難易度を解説】 「マーケティングについて、基本的なことを学んだほうがいいのかな…。」と考えたことは無いでしょうか? 私はスーパーの店員ですが、新...

市場浸透価格(まとめ)

  • 市場浸透価格とは、新商品の価格戦略の1つで、シェア拡大を狙い、低価格に設定すること。
  • シェア拡大、長期的な利益を狙う。
  • 規模の経済、経験効果を使えるので、大手企業が取りやすい戦略。
  • ローテク商品、低価格商品などで導入されやすい。

関連記事