仕事に役立つ知識

【売上対策の切り口】売上構成比とは【3つの視点を説明/具体例あり】

  • 「売上構成比とはなに?簡単に意味や計算方法を知りたい。」
  • 「お店の売上を上げたいけど、なにをしたらいいかわからない。」

この記事では、売上構成比とはなにか、意味と3つの使い方を解説します。上記のような悩みを解決できる記事にしました。

 

「売上構成比」を使って売上を上げる方法がわかるよう丁寧に書きました。参考になれば幸いです!

売上構成比とは

売上構成比とは、売上高に対する部門•カテゴリーの売上高の割合を示す値です。単位は、%(パーセント)で表します。

例えば、ある日の食品の売上高が100万円、その中で農産部門の売上高が15万円だとします。

このとき、農産部門の売上構成比は15%になります。(式=15万÷100万×100%=15%)

 

お店において売上構成比は、売上を取るために必ずチェックする値です。売上構成比を見れば、どの部門•カテゴリーの売上高が低いのか、またピークタイムがいつか、売上が落ちるのはいつなのかわかります。

このように、売上構成比を知ると、重点的に売り上げ対策を行うことができるようになります。

スーパーのグロッサリーとは?バイトで迷っている方向けに解説します この記事では、スーパーマーケットにおける「グロッサリー部門(Glossary・グロサリー)」とは、どのような部門なのか書いていきます。...

売上構成比がわかるメリット

売上構成比はお店の特徴を教えてくれます。

例えば、あるスーパーでお肉の売上構成比が他店に比べて高ければ、お肉はそのお店の強みと言えます。

このように、特に同じ商圏の他店舗と比べることで自店の強み、弱みがわかります。

 

お店で売上構成比をチェックする例

スーパーなどのお店でチェックする売上構成比の例を書いていきます。

平日と土日祝日の売上構成比

平日に強いお店なのか、お店によっては「土日祝日の方が暇になる。」ということもあります。(※会社員のお客様が多い店など)

 

発注をする際の指標にもなるので、平日と土日祝日の売上構成比は知っておきましょう!

【経験談】発注が上手くなるコツ【3つある/スーパーマーケット向け】 小売業で働く人にとって「発注」は最も重要な業務と言えます。 なぜなら、在庫量が多ければ、無駄な作業が増え、逆に少なければ、機会ロ...

時間毎の売上構成比

特にピークタイムの売上構成比、朝•昼•夕方の売上構成比を知ると売上予測ができます。

部門毎の売上構成比

売れている部門、カテゴリーはどこでなぜ売れているのか?

売れている理由の仮説を立てて、次のアクションに活かします。逆に売れてない部門、カテゴリーはどこでなぜ売れていないのか?

  • 陳列量が足りないのか。
  • 展開場所が悪いのか。
  • 時節にあっていないのか。
  • 価格が高いのか。

売上構成比が他店に対して低ければ、伸ばすチャンスになります。

最低陳列量とは?商品の品切れは在庫0ではない理由 この記事では、「最低陳列量」とはなにか紹介していきます。   「最低陳列量」を知れば、スーパーやホームセンターなどにおける...

 

単品の売上構成比

どの商品が売れ筋なのかを知っておくと発注や品出しなど重点的に管理ができます。

お店ではABC分析という方法で、単品をAランク、Bランク、Cランクに分けます。

Aランク商品の売上構成比は、多くのお店では、約70〜80%あります。

売上構成比を上げる方法

〇〇の売上構成比を上げたい。

お店では、売上構成比を上げるために、以下のようなことをします。

  1. 展開を増やす
  2. 陳列量
  3. 価格強化

それぞれピークタイム前に実施することでその日の売上に対して効果が出やすいかもしれません。

詳しく説明している記事を貼っておくのでチェックしてください!

スーパーの売り場で使える陳列8選【工夫は必要/売り場担当者向け】 この記事では、スーパーマーケットで使える陳列方法を8パターン紹介していきます。スーパーでは売上を上げるために、様々な工夫を意図して行う...
【品出しのコツ5箇条】効率のいい品出しをスーパーの社員である僕が解説 この記事では、品出しバイトを始める方に向けて、「正確な品出しの方法とスピードを上げるコツ5箇条」を紹介します。   「正し...
【経験談】発注が上手くなるコツ【3つある/スーパーマーケット向け】 小売業で働く人にとって「発注」は最も重要な業務と言えます。 なぜなら、在庫量が多ければ、無駄な作業が増え、逆に少なければ、機会ロ...

売上構成比を知るとアクションを起こせる!(まとめ)

売上をあげたいけどどうしたらいいかわからない…。という方は、自店の売上構成比を調べるとお店の強み・弱みがわかります。

そこから強みを伸ばしたり、弱みを改善したりすることで売上を上げることができるかも知れません。

 

自店を理解するためにも、以下の3つの売上構成比は常にチェックしておきたいです。

お店(スーパー)でよく使う売上構成比

  1. 時間帯別売上構成比
  2. 部門別売上構成比
  3. 単品別売上構成比

 

売上構成比を知ってから、売上を上げるためのアクション

  1. 陳列量
  2. 展開を増やす
  3. 価格強化

 

それぞれ時間帯別(ピークタイムなど)にアクションを起こすと効果が出るかもしれません。

関連記事