仕事に役立つ知識

就職活動にオススメ!『メモの魔力』は就活生の教科書だ

この記事では『メモの魔力』という就職活動するなら、絶対に使いたい本について紹介します。

 

『メモの魔力』は、①メモの効果②著者が行なっているメモの取り方③メモを使って人生を成功させる考え方について取り上げていました。

一言でいうと「メモを使ってあなたの人生を成功させる方法」がわかる本です。

 

さらに深掘りしていくと「自己分析」についても紹介されていました。

自己分析といえば、就職活動で誰もが聞くワードの1つです。

私も2019年度に就職活動を行いましたが、自己分析のやり方について「どうやってやればいいの?」と考え込んだ時期もありました。

 

この『メモの魔力』には就職活動に必要な、自己分析・面接対策・企業分析をする上で具体的にはやるべきことが多く書かれていました。

メモの使い方を見たかったのですが、「就職活動をしているときに読みたかった!!」と切実に思ってしまった1冊です。

 

この記事では『メモの魔力』を就職活動にどのように活かせるのか、アウトプットしていきます。

 

就活は『メモの魔力』で始めるべき理由を紹介します。

 

読んでほしい人

・自己分析に困っている
・面接対策に不安がある
・自分なりのエピソードを面接に活かしたい

 

point 『メモの魔力』は就職活動の教科書

 

 

自己分析1000項目!

『メモの魔力』には巻末に自己分析の項目が1000個用意されています。

1000項目ってすごく多くないですか?

この1冊で自己分析は完結するといっても過言ではないです。

 

就職活動、何から始めていいかわからない人

そんな方はまず何も考えずにこの1000問をこなすことをオススメします。

 

自己分析の命題は探せばいくらでも出てきます、

しかし、1000項目が1冊にまとめられているので探す手間が省け、その分自己分析に多くの時間を割くことができます。

自己分析を深堀できるやり方、考え方は本書で紹介されています。

→できれば本編を読んでからやりましょう 

 

point 1冊で自己分析が完結する

自己分析が面接対策になる?やり方紹介

『メモの魔力』で紹介されている自己分析は面接対策にそのまま応用が利きます。

自己分析を深堀することで他の物事に当てはめることができるのです。

本書で紹介されていましたが

(普通の就活生)

自己分析→回答

(メモの魔力)

自己分析→回答→抽象化→転用

 

普通の学生は

長所→好奇心が強いこと

となりますが

メモの魔力では

長所→好奇心が強いこと→多分野の知識を持つことで意外な関係性を発見できるから→多分野の知識を学び、部署間の連携効率をあげる仕事がしたい。

つまり

命題→回答→なぜか?→他に転用(自分の経験・企業)

「転用」の部分を

自分の経験に当てはめれば、根拠となるエピソード、

企業に当てはめれば志望動機になります。

 

このように自己分析をすることで強みを活かしたエピソードを作れます。

→面接対策になる。

 

point 自己分析が面接対策にもなる

企業分析に応用が利くこと

自己分析(具体)→抽象→転用の考え方が企業分析にも応用が利きます。

→この考え方が万能すぎます。最強です

【結論】

企業の考え(具体)→抽象→自分(転用)に当てはめます。

 

例えば

挑戦できる人材が欲しい(具体)→積極的に取り組める人→大学生でブログを開設した(転用)

多くの学生は

企業が求めている(具体)→自分(転用)と直接考えてしまいがちです。

ワンクッション抽象化を置くことで自分に落としこむことができます。

つまり、企業のことを自分がどう理解したのかが抽象化の部分に当てはまります。 

 

point  企業分析に具体→抽象→転用を取り入れる

まとめ、就活生は全員読むべき1冊

・自己分析
・面接対策
・企業分析

就職活動そのものとも言えるノウハウが1冊に凝縮された本です。

就活生の教科書として全員1冊持っておきたいですね。

 

point 『メモの魔力』は就活生の教科書

今回紹介した本

関連記事