要約一覧

『チーズはどこへ消えた?』のあらすじを要約!読むと行動したくなる本

『チーズはどこへ消えた』のあらすじを簡単に知りたい!

この記事は、このような方に向けて書いていきます。

 

具体的には、チーズはどこへ消えた?以下3点を見ていきます。

  • あらすじを要約
  • 本書が伝えたいこと
  • 「挑戦」するための言葉

 

『チーズはどこへ消えた?』はどんな本?

 

チーズはどこへ消えた?は2000年発行と古い本ですが、400万部を超える大ベストセラーです。


自分を変えるにはどうしたらいいのか?

 

をテーマにしている本でした。

「新しいことに挑戦する」

「行動的になりたい!」

あなたがこんな風に思っているなら、この本は背中を押してくれるはずです。

「あらすじの要約」わかりやすく3分で紹介

『チーズはどこへ消えた』のあらすじは以下の通りです。

小人のヘムとホー、ネズミのスニッフとスカリーが迷路の中にあるチーズを探す物語。

 

ある日、2人と2匹はチーズステーションCというところで大量のチーズを見つけます。

大量のチーズを毎日食べて、満足いく日々を過ごしていました。

 

しかし、毎日チーズを食べていたので、チーズは無くなってしまいました。

ネズミのスニッフとスカリーはすぐに違うチーズを探しに迷路にいきました。



ヘムとホーは「チーズは戻ってくるはずだ」とチーズステーションCから離れることができません。
ヘムとホーでも対立が生まれます。

 

ヘム「いつかはチーズは戻ってくるはずだ!このまま何もせず慣れた環境であるチーズステーションCにいた方がいい。

 

ホー「チーズは待っても戻ってこない。怖いけど、また迷路の中にチーズを探しに行くべきだ。」

 

とうとうホーは1人で迷路の中にチーズを探しに行きました。ホーは迷路の中でいくつかのことを学びました。

  • 変化は起きる→チーズはつねに持っていかれ、消える
  • 変化を予期せよ→チーズが消えることに備えよ
  • 変化を探知すること→つねにチーズの匂いを嗅いであれば古くなったことに気がつく。
  • 変化にすばやく適応すること→古いチーズを諦めればそれだけ早く新しいチーズを楽しむことができる。
  • 変化できないのは恐怖があるからだ→迷路の中には何があるかわからない。

 

そしてホーは自分を変え、新しくチーズステーションNにたどり着くことができました。

ネズミのスニッフとスカリーはすでにチーズを食べて満腹の様子。

 

ホーは迷路の中でたくさんのことを学び、新しいチーズを掴み取ることができました。

あらすじにある「例え」を知ると理解が深まる

『チーズがどこへ消えた』は、

物語の例えを知るとあらすじをより理解できます。

チーズはどこへ消えた?は、

「人生」を迷路
「幸福」をチーズ に例えています。

小人が迷路(人生)の中でどうすればチーズ(幸福)を得られるか、試行錯誤を繰り返し、学んで成長する物語です。

 

物語の「ホー」のように

あなたも幸福を得るために人生の中で挑戦していこう!

そんな教訓が得られました。

チーズは待っても戻ってこない。怖いけど、また迷路の中にチーズを探しに行くべきだ。」

『チーズはどこへ消えた?』

 

『チーズはどこへ消えた?』この本がいいたいことは?

ここでは、『チーズはどこへ消えた?』の要点を3つ書き出していきます。

物語から学べることを紹介します!

 

  • 目の前のチーズが無くなったように、変化は常に起きる。その変化を予期し、いち早く探知することが重要だ
  • 目の前の変化に適応するには、行動することが必要である。素早く行動すれば、より幸せを楽しむことができる。
  • あなたが行動できないのは、恐怖があるからだ。恐怖に打ち勝つことで人生におけるチーズ(幸福)を手に入れることができる

 

本書のキーワードは、

「変化」、「行動」と「恐怖」です。

 

さらに一言でまとめるなら、

変化に対応して、すぐ行動しよう!

というメッセージの本です。本書を読む機会があれば、行動、変化と恐怖のワードに注意すると内容がわかりやすくなります。

 

若い社会人に人気のある理由も納得です!

『チーズはどこへ消えた』を深掘りしていく

『チーズはどこへ消えた?』のあらすじや要点を紹介しました。

さらに、

「例えば、どんなことが書いてあるの?詳しく知りたい」

という方に向けて

 

『チーズはどこへ消えた?』の内容を深掘りしていきます。

【あらすじ関連】キャラクターの個性紹介

チーズを持つネズミの写真

 

『チーズはどこへ消えた?』のあらすじでは、2匹と2人の登場人物がいました。

その各キャラクターの特徴は以下のように紹介されています。

私たちは、

スニッフのように、いち早く変化をかぎつけることもあるし、

スカリーのように、すぐさま行動を起こすこともあるし、

ヘムのように、いっそうまずいことになりやしないかと怯えて、変化を認めず、変化に逆らうこともあるし、

ホーのように、もっといいことがあるに違いないと、うまく変化の波に乗ろうとすることもある。

『チーズはどこへ消えた?』

皆さんは、どのキャラクターに当てはまりましたか?

 

私はネズミのスカリーです。

とりあえずやるの精神で行動を起こします。

このブログもブログって稼げるらしいよ?と聞き、有名ブロガーの記事を何個も見て、

「とりあえずやるか、」と始めたものです。

何事もそうですが、やってみることでしかわからないことが沢山ある、一歩踏み出すことでしか得られないものがある。と私は考えています。

ブログで言えば、わかりやすい文章ってとても難しいです。

誰が見てもは無理かもしれませんが、大多数の人に正しく伝わる文章を書くことがこれほど難しいとは、、、って感じです。

これは記事を書く側に回らなければわかり得なかったことで、ブログを読んでいるだけでは分からなかった「経験」です。

そんな経験を積める(良くも悪くも)ので、とりあえずやることは重要です。

物語でもネズミのスカリーとスニッフはチーズが無くなった途端、本能に従い迷路に飛び出しています。

本能に従うことって大切なんでしょうか?

私はお金を稼いで、どうだ!すごいだろ!と自慢したいので、笑笑

とりあえず、これはいいぞ!稼げるぞ!ということには首を突っ込みます。

 

変化を恐れないための言葉

 

フリーランスで活動している人ってホーみたいな人が成功するんだろうな、と読んで印象深かったです。

時代の波に上手くのれる人っていうのは、強いですよね。

ホーは物語で、

これまで、他にチーズはないし、みつけることができないだろうと思いこんでいた。それが恐ろしくて身動きが取れず、だめになっていたのだ。

『チーズはどこへ消えた?』

ホーは恐怖が行動力を鈍らせていることに気づくことができました。

そして、ホーは

「恐怖がなかったら、何をするだろう?」と壁に書きました。

この「恐怖がなかったら、何をするだろう?」という言葉は、この本を読んだ中で私のお気に入りのフレーズの1つです。

恐怖が無かったら、

つまりお金の不安、人間関係の不安、立場上の不安などなど、全てまっさらな状態で考えたら何かしたい?ってことですよね。

これって本当にやりたいことをする呪文ではないでしょうか?

〇〇があるからできないと我慢する機会ってすごく多いですよね。とくにサラリーマンの方!

ホーはチーズを探すために恐怖に打ち勝ち、迷路に飛び出しました。

「恐怖がなかったら、何をするだろう?」

ほんっっっっとうにやりたいことが何なのか、それを気づかせてくれるいい言葉でした。

変化に対応するには準備が必要

スニッフとスカリーは毎日、早起きして迷路へ急いだ。いつも通るのは同じ道。

目的地に着くと、ランニング・シューズを脱いで両方の紐を結び、首にかける-

『チーズはどこへ消えた?』

2人と2匹がチーズステーションCに通ってチーズを食べていた時の話です。

目の前にチーズがたくさんあったとしても、すぐにランニング・シューズを履けるよう準備をしておくスニッフとスカリー。

準備の大切さを教えてくれるワンフレーズでびびっときました。

 

私は何か準備をしていたかな?サラリーマンとしてお金を稼ぐ以外に

副業が解禁されて、終身雇用制度も終わりました。

今のチーズ(目の前の会社)に安心してはいけない。ランニング・シューズを首にかけて(準備して)おかなければ!

  • 個人の力を高めておく
  • 色々なことに首を突っ込んでおく

私が準備していることです。

資格・読書・ブログ・投資、、社会人になって色々試しました。

ランニング・シューズを履くまでの時間はそう遠くないですかね?

 

『チーズはどこへ消えた?』で人生の目標を見つける

あなたのチーズはなんでしょうか?

挑戦したいこと、幸せになるため

踏み出す勇気をくれる『チーズはどこへ消えた?』でした。

 

チーズはどこへ消えた? Who Move My Cheese? はこちら!

↓↓↓

 

「チーズはどこへ消えた?」には続編がある

 

「チーズはどこへ消えた?」には、続編があります。

 

この本は、迷路の中に残った「ヘム」のその後の物語。

「迷路の外には何がある?」という本です。

残った結果どうなったのか?

「ヘム」はチーズを手に入れられたのか?

 

変化を恐れて、行動できないとどうなるのか?

こちらも『チーズはどこへ消えた?』と同じようにあらすじをまとめました!

 

※この記事は定期的に更新しています。最終更新日2020年2月6日