仕事に役立つ知識

【社会人の読書ルール】子持ち社会人が週1冊の読書を1年間続けられている理由

社会人にオススメの読書方法を知りたい…。」という方に向けて、

 

この記事では、時間のない社会人の方でも、週1冊の読書ができる方法を紹介します。

 

私は子持ち社会人ですが、仕事や家事があるなかでも、週1冊読書を1年間続けることができています。

 

週1冊の読書を1年間続けている私が、時間ない社会人の方に向けて、「週1冊を読み切る読書ルール」を解説します。

 

この記事で紹介すること

  • 社会人生活は週1冊の読書で変わる
  • 本の選び方
  • 時間のない社会人の読書のコツ
  • ビジネスマンにオススメの本

 

週1冊の読書で社会人生活は変わる

「読書をどれくらいのペースですればいいかわからない…。」

 

毎日8時間の仕事がある社会人の方は、なかなか読書に時間を取れないです。

 

しかし、社会人の読書は週1冊の読書でも効果は絶大です。

なぜなら、多くの社会人の読書量は少ないことが挙げられます。

 

社会人の読書量は、毎年文化庁から調査結果が公表されています。

参考:文化庁:国語に関する世論調査一覧

 

 

1ヶ月に何冊の本を読むか?という質問の答えは以下の通り、

  • 読まない: 47.3%
  • 1-2冊: 37.6%
  • 3-4冊: 8.6%
  • 5-6冊: 3.2%
  • 7冊以上: 3.2%

 

この結果によると、

約半数の人が月に1冊も読書していないことがわかります。

週1冊の読書をすれば、月4、5冊ペースの本を読むことができます。

 

つまり、あなたが週1冊の読書をはじめると、読書に関して上位15%になることができます。

 

読まない人に比べ、週に1冊の読書をすれば1年で考えると52冊です。

 

読書によって得た52冊分の知識はもちろん仕事において周りとの差を生むことになります。また読まない人に比べ、効率よく仕事ができることは間違いないでしょう。

 

● 約半数の人が月に1冊も読書をしていない。
● 週1冊の読書で知識量を変えることができる。

 

読書は仕事に活きるのか?

仕事をする社会人にとって、読書をするメリットがあります。

 

例えば、私が読書をして仕事に活きたことは主に文書の読み書きです。

週1冊の読書で仕事に活かせたこと

  1. メール確認が早くなる
  2. 文書作りが正確になる
  3. 上司と話しやすくなる

 

「間違った文章が一目でわかるようになった。」

「上司に教えられたことを予習できていた。」

「メール確認に時間を取られずに済むようになった。」

 

このように、読書で「大事な部分だけを抜き出す力」や「正しい文を書く力」は確実に身につきます。

 

もちろん専門知識も身つくので、「会議で自分だけ話についていけない…。」という悲しいことも無くなりました。

 

 

本の選び方

読書する本の選び方について、いくつか紹介していきます。

 

本の選び方

  • 要約を読む
  • 人にオススメを聞く
  • 店舗に足を運んで選ぶ

  

大前提として、社会人が読書をする場合、自分の本業に関係のある本を選びましょう。

本業に関係のある本を選ぶと読書でインプットしたことを仕事に活かしやすいです!

選び方①:要約を読む

 

無駄な読書をやめるために、要約を読んでから本を買うか決めましょう。

 

要約を読んでから買うメリットとして、「つまらない本」「知っていることしか書いていない本」を買わずに済みます。

 

本の要約は、YouTubeの動画やGoogle検索で記事を探せば出てきます。

名著やベストセラーと言われている本は、YouTubeやGoogle検索で調べるのがオススメ!

 

また本の要約サービスに「Flier」というサービスがあります。

要約を探すのに時間がかかる…。という悩みを解決してくれるアプリがflierです。

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ

Flier Inc.無料posted withアプリーチ

 

flier は本の要約を1冊わずか10分で読めるアプリです。

有識者によって構成される「選書委員会」にて、 ビジネス書だけでなく、リベラルアーツ(教養)も含めた 「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を厳選

経験豊富な専門ライターが要約を作成、出版社で編集経験のあるメンバーによる品質チェックを経て、出版社・著者の許可を得たものだけを公開

「flier」の特徴とは?

 

忙しいビジネスパーソンには、有難くカテゴリーごとに本がまとめられています。例えば、キャリア・マーケティング・人事・金融など…

 

特定の分野の本を探しやすく、私も月に40冊以上読むことがあります。

 

 

flier には、3つのプランがあり好きなものを選べます。

  • 月額2000円読み放題
  • 月額500円で月5冊
  • 無料版もある

 

特定の分野の本を読みたい!という方は「Flier」で探すと時短になります!

 

選び方②:人に勧めてもらう

 

本を選ぶときには、人に勧めてもらうことで新しい1冊と出会えます。

私の場合、職場の上司に聞くことが多いです。

 

職場の上司に聞くと「業界に関係する本」を紹介してくれるので、読めば本業に活用しやすいことがメリットです。

 

選び方③:書店に足を運ぶ

 

今流行っている本、新しい本を見たい!という方は書店に足を運んで本を選びましょう。

 

書店に行くメリットは、以下の通りです。

  • 流行り・新しい本がわかる
  • 興味を持てる本に出会える

 

私の場合、ふと手に取った本は、自分の興味の表れなので目次を読んで買うか決めます。

週1冊を読み切る読書ルール

「社会人が週1冊の読書をするため」のルールを紹介していきます。

週1冊を読み切る読書ルール

  1. スキミングする
  2. 買ったその日に読む
  3. 本を読む時間を決める
  4. つまらなければ読むのをやめる

 

社会人が読書をしていく上で大切な、読書時間の作り方・読み切る方法についていていきます。

 

 

 

① 社会人の読書法は「スキミング」1択

社会人が読書をするなら「スキミング」は、必ずやりたい読書法の1つです。

 

なぜなら、スキミングをすることで本を読む時間を激減させることができます。私の場合、1冊4時間かかっていた読書が1~2時間に減りました。

 

スキミングとは、拾い読みのことで自分にとって必要な情報を無駄なく読み取ることができる読書法です。

 

1日に数十冊の読書をしているDaigoさんが著書で紹介しています。

 

読書は「スキミング」をするべき!速読でスピードをあげても効率が悪い   読書の効率的な読み方・コツを知りたい!   読書の効率を上げるための読み方に 「スキミング」というものがあ...

 

「読書に時間がかかりがち」

「本を読むだけで疲れる」

 

時間をかけず、疲れにくい読書をするならスキミングが最強です。

 

② 本を買った日に読書する

 

社会人はどんなに忙しくても、本を買ったその日に読書をしましょう。

 

なぜなら、本を買ったその日が読書するモチベーションを1番高い状態だからです。

 

本を買う時は、興味があって読書する目的も明確に覚えています。

しかし、1日2日経つと「なんでこの本買ったんだろう…。」と理由を忘れ、読書するモチベーションも下がってしまいます。

 

 

モチベーションをまた上げることもできますが、講演家で有名な鴨頭嘉人さんも、「モチベーションを上げることは保つことよりも労力を使う」と言っているように、読書に負担がかかってしまいます。

 

>>補足 コミュニケーション・人生につまずいた時、勇気をくれる人【鴨頭 嘉人】心に残った言葉3選

 

社会人は仕事で疲れた中で読書することも多いです。読書は本を買ったその日に始めましょう。

 

 

 

 

③ 読書の時間を決める

読書時間をあらかじめ決めましょう。

 

読書を予定として計画しておくことで習慣化に繋がります。

読書時間を決める例

  • 寝る前の30分
  • 仕事の休憩時間1時間
  • 通勤時間10分
  • 木曜日の仕事終わり

 

私の場合、仕事の休憩時間1時間は読書すると決めているので、職場に本を1冊持っていくようにしています。

 

 

また読書時間を決めることで隙間時間も使いやすくなります。

 

通勤時間、休憩時間、移動時間、、etc

5分、10分の空白の時間を使って、読書を進めていくことができます。

 

短い時間の読書は、内容を忘れやすい…。

 

隙間時間の読書をする際には、スキミングで読んだり、メモを使ったりして「何を読んだか明確にする」ことは忘れないようにしましょう!

 

 

例えば、私はメモとアウトプットを兼ねて、Twitterで発信することもあります!

 

時間を決めて読書をして、隙間時間を活用しましょう!

④ つまらない本なら読書をやめる

本を読み始めてつまらなければ、その本を読むのはやめましょう。

 

読書をしているときに、つまらない本というのは必ずあります。

例えば、難しすぎて内容がわからなかったり、選んだ本に知りたいことが書いていなかったりします。

 

【私の体験談】本がつまらない理由

  • 本が難しい
  • 興味がない内容
  • 欲しい情報が書いていない
  • 読みづらい文章

…etc

 

仕事に活かせない本や自分のためにならない本を読むことは時間の無駄です。

 

この本1500円したからな…。と渋るよりは、読まずにメルカリで売ってしましましょう。

ビジネスマンにおすすめの本

 

ビジネスマンが読書するにあたって、読みやすい本を紹介します。

 

『チーズはどこへ消えた』です。

 

本書は、チーズを求めて迷路の中を小人が冒険する物語です。

「変化」と「恐怖」がキーワードになっていて、恐怖に打ち勝ち変化をする大切さを学ぶことができます。

 

本書のメリット

  • 仕事のモチベーションを上げやすい
  • 1時間で読み終わる文量
  • 物語形式で読みやすい

特に若い世代の人、新しい挑戦をしようという方にはオススメです。

 

またこの続編に『迷路の外にはなにがある?』があります。

大ベストセラーであることはもちろん、読みやすさに定評がある本ですので、読書を始めやすい本です。

 

社会人の方は、まず週1冊の読書

 

社会人の方はまず週1冊の読書を始めましょう!

この記事では、1年間週1冊の読書をしている私の読書ルールを紹介させていただきました。この記事が参考になれば幸いです。

 

【まとめ】週1冊を読み切る読書ルール

  1. スキミングする
  2. 買ったその日に読む
  3. 本を読む時間を決める
  4. つまらなければ読むのをやめる

 

さらに効率よく読んでいきたい方へ!時間短縮のコツをまとめています。

↓↓↓

関連記事