未分類

日経新聞の記事を読んで、知っておきたいニュース3選#2【プレゼン力強化、イオン、ヤマダ電機でIoT】

今回は2019年4月17日の日経新聞MJで気になった記事を紹介します。

 

今回の記事内容

  • プレゼン術強化、相手の心を動かせ!
  • イオンモール「都心型」オープン予定!
  • ヤマダ電機IoT活用

 

前回の日経新聞の紹介記事はこちら!

[kanren postid=”602″]

 

私は新社会人になってから、新聞を取り始めて読んでいますが、

「企業が何をしようとしているのか」を中心に

流行、世の中の動向、ライフスタイルの変化…

多くのことを学べます。

 

今日の記事にはプレゼンのやり方も記載されており、自己啓発にもオススメです!

さらに、読んだ内容はぜひ、アウトプットするようにしましょう!

 

定着率が変わります。私の場合は

新聞→メモを取る→ブログを書く→誰かに話す

 

こんな方にオススメ!



・新聞は読みたくないけど、世の中の変化を知りたい
・新聞を読んで見たい!
・新聞にはどんなことが書いてあるのか気になる


プレゼン術強化、相手の心を動かせ!

「1分で話せ」が20万部超のヒットを記録した伊藤氏による記事でした!


1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術 [ 伊藤 羊一 ]

 

今回日経新聞MJの記事で紹介されていたのは、

【プレゼンとは相手の心を動かすこと】ということ

そのために


①相手はだれかを考える→マーケティングの考え方
②ゴールを設定する

この2点を気を付けたほうがいいと紹介されていました。

多くの人は、パワポの作成や話す内容を整理することに時間を使ってしまう傾向があります。

 

確かに、何を伝えようか内容を中心に考えていることがほとんどです。

会話でも自分が伝えたいことを

ただ喋っていることが多い気がします。

 

相手を見定め、理解して行動に移ってもらうプレゼンが重要だということでした。

 

またプレゼン中は

  • スッキリ簡単に
  • 内容をイメージさせる
  • 興味を持たせる
  • 記憶させる
  • 行動させる

 

これらを意識します。

スッキリ簡単に

相手の集中を途切れさせない為に簡潔な言い回しを使います。

 

内容をイメージさせる

ワクワクしてもらい、行動に移してもらう為

 

興味を持たせる

話を聞いて、理解してもらう為

 

記憶させる

プレゼン後も覚えてもらえるキーワードを盛り込む

 

行動させる

情熱と自信をもち、相手にも伝播させる為

 

またプレゼンの具体的なコツとして

「結論は理由を3つ以上付ける」ことが紹介されていました。

これは、理由が少ないと説得力に欠けるからです。

 

確かに、

新聞読むといいよ!勉強になるしと言われるよりは

 

新聞読むといいよ!理由は4つあって

・世の中の動向をつかめる

・速読力が身につく

・語彙力がつく

・社会の常識について正しく学べる

いいでしょ?

と言われたほうが新聞を読みたくなります。

 

今はパッと浮かんだ理由が4つだったので書きましたが、3つ以上で説得力は生まれます。

ただし注意したいのは理由の意味がつながっていることです。

論点がずれることを言っても駄目ですよ!ということですね。

 

point プレゼンは相手の心を動かし、行動してもらう為にする

イオンモール「都心型」オープン予定!

イオンモール都心型が2021年の秋に!名古屋駅の近くにオープン予定!

オフィスが併設されることが特徴です。


・仕事帰りにスーパーで買い物
・木々を見ながら昼休みにランチができる店
・接待で使用できる店


働く人にメリットが多い施設になる予定です!

立地やイオンのブランドイメージもあり、女性採用を強化したい企業から入居希望が多いようです。

 

こうした出店の背景としては

イオンモールの業績は足元は盤石だが、ECの出現により衣料品分野の落ち込みが目立つことが考えられます。

2019年2月期では

モール全体の売上高は前年比1.5%増だが、

衣料品は1.7%減と落ち込んでいる。

 

新規のアパレル会社が参入しずらく、ユニクロなど大手に頼っている現状です。

 

また国内のモール型店舗の出店予定は2019年で1店舗と頭打ちの状態になっている。

 

point モール型事業は転換期を迎えている

ヤマダ電機IoT活用

ヤマダ電機はあらゆるものがネットと繋がる「IoT」を活用したか住宅向けサービスを開始しました! 

 

ソフトバンク子会社で電力情報解析のエンコードジャパンと提携し、

自宅の電気使用量をスマホで確認したり、家電を遠隔操作できたりするサービス「YAMADAスマートホーム」を開始しました。

 

住宅内に専用端末を置くと、1秒ごとの電力使用量が計測できる

また温度、湿度なども教えてくれます。

 

人工知能(AI)が生活パターンを把握し、

・節電アドバイスをしてくれる

・室内に温度等の異常があればアプリに通知してくれる

・ドアの開閉チェックをしてくれる

 

電気やIHコンロの消し忘れなども外出先で遠隔操作できそうですね!

 

使用料は月額880円~

 

point IoTによる節電

人気記事はこちら!

[kanren postid=”361,441,530,524″]

関連記事