未分類

マーケティングとは?初心者向けにわかりやすく解説

今回は「マーケティング」とはなにかアウトプットしていきます。

 

TVCM、チラシ、最近ではYoutubeの広告など、

マーケティングのイメージはこのようなものが多いのではないでしょうか?

 

実際、マーケティングには売上を伸ばすことが求められます。

売上=単価(客数)×個数(客単価) です。

一般的には、単価を下げて個数は伸ばすことは簡単です。

 

しかし、マーケティングに求められるのは、

単価も個数も伸ばすこと

 

単価も個数も2割ずつ伸ばせば

1.2×1.2=1.44

44%売上が伸びます。

 

ではどうやって売上を伸ばすのか

今回はマーケティングの概要を紹介します。

今回紹介する本

「マーケティング」とは売れる仕組みを作ることである

【結論】マーケティングとは、売れる仕組みを作ること

つまり、放っておいても商品がバンバン売れる状態を作ることです。

 

またマーケティングの相手が企業の場合

B to B マーケティング

※B=business

個人の場合は

B to C マーケティングと言います。

※C=Consumer(消費者)

 

皆さんがなじみ深いものは

B to C マーケティングです。

 

B to C マーケティングで大切になるのは

消費者と商品の接点を増やすことそのためには

①消費者の頭の中を制する

②店頭を制する

③商品の使用体験を制する

これらが必要です。

 

「消費者の頭の中」を制し、商品を認知してもらう

「店頭」を制し、購入してもらう

「商品の使用体験」を制し、リピート(再購入)してもらう

 

つまり

認知→購入→リピートしてもらう流れです。

この流れを「パーチェス・フロー」と言います。

 

このように消費者と商品の接点を増やし、売り上げを伸ばすことがマーケティングには求められます。

 

point マーケティングとは売れる仕組みを作ること。

マーケティングを勉強するなら、絶対に読むべき本

私が読んだ本で、マーケティングの基礎から学べる本です。

何も知らない人でも読めます!大学生はもちろん、高校生でも読める本です。

 

 

今回記事で紹介したこともUSJがV字回復した実例をもとに詳しく解説されています。

 

マーケティングの需要は今後より高まる

技術志向、終身雇用の日本ではマーケティングの考え方が遅れています。

「良いものを作れば売れる」の考え方は通じなくなってきているのが現状です。

 

日本国内の市場が成熟し、海外進出が余儀なくされ、

海外での市場争いにもまれ、いやが応でもマーケティングを強化しなければいけなくなります。

 

なので、マーケティングができる人、マーケターの需要は高まりますし、

社会人では常識レベルの知識になるのではないでしょうか?

 

point マーケティングの需要は高まる

関連記事