未分類

マーケティング用語解説!4pとは?

今回はマーケティング用語の4Pについてアウトプットしていきます。

 

4Pとは以下の4つのことを指します。

  • Product:製品
  • Price:価格
  • Place:流通
  • Promotion:プロモーション

 

これらはマーケティングにおいて

届けたいものを「WHAT」

届けたい相手を「WHO」とすると、

4Pとは「WHAT」を「WHO」に届けるための仕組みを端的に表したものです。

 

 

つまり、どうやって届けるかをわかりやすくまとめたものです。

では、1つずつ見ていきます。

 

 

マーケティングとはなにかを解説した記事はこちら

[kanren postid=”640″]

今回紹介する本

 

 

【4p】Product:製品

Product:製品の目的は、提供するものを決めることです。

 

 

消費者視点に立って、それが本当に必要なものか、また提供するにあたって留意点はないかなどを決めます。

 

技術志向の日本では、差別化が目的になり、本当に必要なものなのかがわからなくなっています。

マーケティングが機能することでこれを防ぎます。

 

これは何に使うの?と思うような機能のついた家電や携帯電話など

日常でも目にする機会は多いと思います。

 

【4p】Price:価格

Priceはそのまま価格、つまり商品の値段です。

 

 

安ければ安いほどいいじゃん!と私たちは考えますが、

マーケティングでは

低すぎても高すぎてもダメです。

自社商品、自ブランドのイメージに合わせた価格設定が必要になります。

 

  • コスト
  • 消費者の需要
  • 競合他社

等々考えることはたくさんあり、

さらにメーカーの場合は途中で卸売業者、小売業者が中間に入るのでそのマージン等も考えなくてはいけません。

【4p】Place:流通

Placeの目的は流通経路の決定です。

 

 

1例としては、

卸売業と小売業を活用するやり方です。

小売りだけにするのか?

自社が直接販売するのか?

パターンは様々です。

 

店頭における商品をどれだけ増やせるかと

流通コストをみて判断していきます。


【4p】Promotion:プロモーション

Promotionの目的は情報伝達をいかに効率的、効果的にするかです。

 

 

明確化したターゲットに対して、効率的、効果的に情報伝達するメディアの選択や販促方法、キャンペーン等の考案です。

 

TVCMもここに入ってきます。

 

マーケティングを勉強するなら絶対に読むべき本

私が読んだ本で、マーケティングについて何も知らなくてもサクサク読める本です。マーケティングの概要、考え方がわかります。

 

この記事もこの本を参考にさせていただきました。

これを読めばさらに詳しく、より知識を深めることができ仕事や勉強に活かせます。

 

 

USJがV字回復をした実例をもとにマーケティングの考え方がわかる本です。

 


関連記事