未分類

【2019年度版対応】電子記録債権(債務)とは?簿記3級問題付き

今回は2019年度から簿記3級の新範囲である、

電子記録債権(債務)に関してアウトプットします。

前回の記事はこちら

[kanren postid=”732″]

オススメのテキストはこちら

電子記録債権(債務)の意味・概要

電子記録債権(債務)は手形の問題点を改善した新しい決済方式です。

 

手形の問題点としては

  • 紛失のリスク
  • 手形の事務処理
  • 印紙を添付しないといけない

これらが挙げられます。

 

電子記録債権(債務)は記録原簿という登記簿のようなものに必要事項を登録することで権利が発生します。 

 

電子記録債権(債務)の仕訳方法

例①

A社はB社に対する買掛金100円の支払いを電子記録債権で行う為、債務の発生記録を行った。

A社の仕訳

(買掛金) 100 (電子記録債務) 100

B社の仕訳

(電子記録債権) 100 (売掛金) 100

 

ここで注意するのは

支払う側が電子記録債務

受け取る側が電子記録債権

となります。

 

例② 

A社は例①の電子記録債務を当座預金口座から取引銀行の当座預金口座に払い込みをした。

A社の仕訳

(電子記録債務) 100 (当座預金) 100

B社の仕訳

(当座預金) 100 (電子記録債権) 100

 

電子記録債権(債務)・練習問題

練習問題①

次のC社、D社に関する仕訳を行いなさい。

C社はD社に対する買掛金2000円を電子債権記録機関で行う為、取引銀行を通じて電子記録債務の発生手続きを行った。その後、C社は当座預金口座から取引銀行の当座預金口座に払い込みをした。

 

練習問題②

C社はD社から5000円分仕入れを行った。内金として支払っていた500円を控除し、残りを掛けとした。C社はD社に対する買掛金を電子債権記録機関で行う為、取引銀行を通じて電子記録債務の発生手続きを行った。その後、C社は当座預金口座から取引銀行の当座預金口座に払い込みをした。

 

 

解答

練習問題①

C社

(買掛金) 2000 (電子記録債務) 2000

(電子記録債務) 2000 (当座預金) 2000

 

D社

(電子記録債権) 2000 (売掛金) 2000

(当座預金) 2000 (電子記録債権) 2000

練習問題②

C社

(仕入) 5000 (前払金) 500

  (買掛金) 4500

(買掛金) 4500 (電子記録債務) 4500

(電子記録債務) 4500 (当座預金) 4500

D社

(前受金) 500 (売上) 5000

(売掛金) 4500

(電子記録債権) 4500 (売掛金) 4500

(当座預金) 4500 (電子記録債権) 4500

 

あわせて読みたい記事

[kanren postid=”728,721,774,742″]
関連記事